ゆメめモ

夢のメモ、個人的メモ、落書きなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内痔をとった話

もう一つ、1年2ヶ月たったもの・・・

そう!!内痔核の手術!!!


痔との付き合いはあまりはっきりした記憶はないけれど、かれこれ10年以上になります
学生の時、あるときぽこっと出たイボ
それはそれはいったーーーくて、でも親に言っても「肛門科に行く」という手段は上がらず、自分自身もそのような選択肢があることも思い浮かばず
ふつーーーに座学してて、今思えばよーやった!と思いました
あまりの痛さに教師によく訴えてましたw
あれはね、経験者はみんなリアクションがやさしいんですよ・・・(主に経産婦さん)

ま、これは思うとどー考えても血栓性外痔だったと思います
しかしながらその後、内痔がコンニチワするようになり、
それが普通に・・・
そして3度の内痔に・・・

時折ストレスで悪化、時折切痔を併発、まれに血栓性外痔を併発

なにこれ、もう死ぬの

そんな中上がった扁桃腺切除の入院・・・

内痔単品の入院で歩ける自信がない・・・
そう、内痔→扁桃腺切除なら、いけるんじゃね!?
と上司にごり押しして病休しましたwww
うえーーーい(

もう1年も経ったのでざっくり振り返ります
治療当日
局所麻酔で11分でした
局所麻酔…そう、肛門に局所麻酔です

叫 ぶ ほ ど 痛 い

緊張と痛みと、変な尻を突き出す姿勢…
死ぬかと思いました

そしてけつをぐいぐい引っ張られ、何かが切り取られる感じwww
うえええええええwww

終わった後、内痔と外痔が一つずつとれたのを見せてもらいました

・・・うーーーん、肉塊です


そしてまさかのあるいて病室へ(階段あり)
しばらく安静…一度痛みはぶり返すが鎮痛剤でやや軽減

夕方にまさかの排便、震えましたが思ったより痛くない
けつから浸出液がでるのでガーゼ+軟膏で過ごします

毎食後のボルタレンと1日2回の座薬(分からないけど多分これもボルタレン座薬だったのでは)
で痛みは切痔レベルで経過

なにこれ!まじ余裕じゃん!??
と思い3泊4日を2泊3日で退院

退院翌日、術後3日目
病院で入れられてた座薬が完全にきれて、もーーーこの上ない痛み、
それに重なる便意
そして痛み止めが切れてる状態での診察&座薬・・・死ぬ・・・・

緩下剤飲んでないと死んでしまいます

そして術後4日目、扁桃腺の入院www

そしてまさかの「ボルタレンは出血リスクが上がるからやめて」と

ま じ !?? 胃潰瘍じゃないんだから・・・まじかよ・・・・

術後5日目、扁桃腺手術当日
全身麻酔のため絶飲食・・・・切れる痛み止め・・・予定時間になってもよばれない手術・・・・

は???
おかげざまであるいて行く予定の手術をベッドのまま行きましたwww
手術終了時は術後の鎮痛剤で「痛くない!!!なにこれすごい!!」って言ってましたが切れる痛み止めwww泣くwww

しっかり座れない状態は術後13日ぐらいまで続きました
ちょうど扁桃腺の退院の頃、ようやく円座なしで椅子に座れるように!!
やっぱり一緒に休みとってよかったーー!

自転車はしばらく立ちこぎで(おい)

術後1ヶ月、肛門科終診
このころ自転車が普通に乗れるようになりました
術後2ヶ月、けつの違和感はほぼ消失 いぼはなくなったがたまーに切れます…悲しい
 あとなんとなく皮膚の盛り上がりが…見張りイボ??
もう2ヶ月も経つと「手術した!!」ってことは忘れてきました

そして1年2ヶ月たったいま
調子悪いと…血が出ます…(悲しみ
でもイボはない…あの、いぼを毎回入れる日々は…確かに終わりました・・・!
やる価値はあったと思います!!
あんまり調子悪いのが続くならまた再診しようかと思ってます
ほんと、おしりの健康大事、まじで
スポンサーサイト

扁桃腺とって1年2ヶ月

扁桃腺切除その後…(1年2ヶ月ほど)
10月切除するも1月39度の熱発wwwおいwww
むしろ今までそんな熱発もなかったのに…
そのシーズンは何もなかったけど
12月そして年を越えて1月再度熱発

や、やめてーなにこれーー

というか今まで
喉がおかしいぞ→徐々に4日ほどで徐々に悪化→熱発
だったのが
喉が急に変→1~2日で熱発
という…

確かに膿栓はなくなったし扁桃腺が腫れたときの異様な喉の閉塞感は消えたものの
ぼくが求めてたのはそうじゃない・・・そうじゃないんだ・・・
結局ストレスでのどから風邪を引くのは変わらないという・・・
しかも1月の熱発では喉が痛くなった後、異様に舌の付け根が痛い・・・
なんだこれ??内科でも耳鼻科でも「あ~~風邪だね~~」というコメントのみ・・・ふえええ・・・

グーグル先生に聞いた結果、口蓋扁桃をとった代わりに舌扁桃が腫れることがある・・・そして舌扁桃は手術はできない・・・

おおお・・・
ええええ・・・なに・・・・それ・・・・

結局冬は体力つけて免疫力あげて手洗いうがいという結論でした
ううう・・・
なにそれ・・・・

1年2ヶ月経ったまとめとしては
良かったこと→膿栓がなくなった、喉が腫れたときの閉塞感がなくなった
変わらないこと→風邪を引くときは喉から
変わったこと→熱発が突然になる、舌扁桃が腫れる、鼻水がしばらく後鼻漏としてたれて苦しい
ということでした

今みた夢

ある時七人の巨人が人間を殺しに来た
人間の半分は減ってしまったが
大きさに加え魔法を使う巨人に人間は抵抗できなかった
世界の人間がもっともっと減って
すると世界に大雨が降った
水かさはどんどんとふえて
人間は巨大な船に乗った
大きな川に行き着き船は流れていく

船の行き先には巨人がいる
人間の中のわずかな魔法使いが巨人の魔法と対抗する

突如川の先が見えた
川は終わっていた

巨人は小さくなってしまった
船は壊れてしまい人々はとびちった

川の横には湖が海なのかわからないが開けていて
遠くには森もあった

ここで生きていくのか
凡人も魔法使いも巨人も…

神様は世界を一掃したかったのだろうが
土地と空気と人間の数を…

だれかがそうつぶやいた



…という夢

扁桃腺摘出をしてきました

扁桃腺摘出をして約2週間がたちましたので備忘録をかねて書きます
ただ、扁摘前に内痔手術をしたのでいろいろ混沌としていますが、そっちの手術はまた別の記事に。

<手術のきっかけ>
もともとそんなに扁桃腺が腫れる方ではなかった。
ただ風邪は喉から引くタイプ、といっても1年に1回のどがひりひりするぐらいで発熱は数年に1回。
と思っていたが、ここ2年、冬に3~4回風邪を引く…といっても最高38度。
ただ喉が腫れるだけならもう少し回数は多い。
インフルエンザに敏感な職場だし夜勤もあるし、急な熱発は非常に大変。
38度発熱で夜勤は本当につらかった…。
上司・同僚の「もう切っちゃいなよ!!」という押しを受け、
あと1年ぐらいで慣れた職場を異動してしまいそうなので
その前に手術してしまいたいと思い決意。
手術時期に関しては上司と相談して、なんとか冬が来る前に休みが取れた。

<術前>
かかりつけ医から紹介状をもらって総合病院へ。
かかりつけ医は「うーん、まだいらないとおもうけどねー」とつぶやいていた・・・。
総合病院では、「そうねー、大丈夫そうだけど腫れて取りたいって言うならいいですよー」って言う感じ。
確かに普段は左側の扁桃がちょろっと見えるぐらいで肥大はしていない(陥没型と言われた)
OP前日入院、術後6日目で退院予定。
数週間前に全身検査。
病院の総室での様々な問題(騒音・におい・相性)などを見てきたこともあり、
高いけれど個室で入院希望。

<入院日>
10:30入院、入院係、薬剤師に説明され、助手さんに病棟オリをしてもらう。


…? 看護師が来ない… 今日の担当は誰なの…
11:30ばたばたと麻酔科問診票を書いてくれと言われる
いやー、ずっと部屋で待ってましたけど…
昼後に主治医からここで初めて手術の説明を詳しく聞く。
要するに術後は出血観察目的での6日入院。
食事と出血のリスクは関係しているのでしっかり食べて下さいと言われ
また鎮痛剤は出血のリスクが高まるので控えましょうと言われる

まじかよ(内痔術後の痛みでボルタレン1日3錠飲んでる)
…ハイペンを出される
うそだろ!まじかよ!!ハイペンなんて信じられない!!!
(その後数日間泣きを見る)

15:30ごろやっと看護師が来る…
「今日の担当です-!」  今何時やねん!!!
多分ベテランと新人のセット…入院・手術の流れの説明と採血
がんばれ・・・もうすぐ夜勤の時間だろ・・・ と思ってしまう

夕食後絶食
けつが痛い以外は本当に何もなく過ごす
けつが痛い以外は・・・

<手術当日>
けつが痛い話はできるだけ省きましょう()
水分は10時まで、手術は早ければ13時と聞く
11時頃ここで初めて麻酔科同意書を取られる ぎりぎりすぎやろ・・・

13時、何も連絡が来ない
14時、何も連絡が(ry
15時、何も(ry
いやーーー遅くなってますすみませんぐらいこいよーーーと思った、うん
自分も気をつけよう
っていうかけつが痛くてそれどころじゃなかった
普通は歩いて行くがベッドから立てず、ベッドごと手術室に行くことに・・・

まだかよまだかよーとは思っていたがいざ呼ばれると超びびる

まじで、ほんとに?手術するの?麻酔って?本当にきくの??????

手術台に移り、点滴を刺され、マスクをつけられ
こわいよーからだがーおもいよー
と呟きながら意識が落ちました

気がつくと麻酔科・看護師・主治医に囲まれ覚醒
本当に朝起こされたような感じ
のどが腫れるような感じもあるが、そこまで痛くない
声を出すのが怖く、かすれ声で話す
主治医が扁桃を見せてくれるが・・・眼鏡がなくて見えない

あっ、ってゆーかおしりが、痛くない
痛み止め、いったんですかと聞いたらアセリオいれたといわれた
アセリオすげー
16:20だったらしく、予定通り1時間で終了

体は思ったより楽で、眠くもなく、DSでゲームをして過ごすが
2時間後から徐々に痛みが…
常に喉が痛いわけではないが嚥下動作が痛い…
つばはティッシュで全部出すがややうす茶色程度
4時間後初うがい・・・がらがらとすると水をすこし飲み込んでしまう・・・

6時間後 お腹が空いてたまらない・・・やっと水分開始になる・・・が
一口お水を飲んだ後・・・お腹がっきゅっきゅーーーーっ
撃沈
気持ち悪くても、吐いたら喉の痛みで死ぬので、初Nsコール
制吐剤注射してもらいそのまま寝ていきました・・・
トイレ歩行はなんとかできてました

<術翌日>
なんとか声が出る
水も何とか飲めるが・・・まだむかむかする、というかお腹下ってる
術後のせいと、あと抗生剤のせいか・・・
食事が流動食で・・・おもゆとくずゆとみそしる・・・食べたいものがない・・・!!
医者からは栄養とれといわれてエンシュアを出される・・・ゲロ甘
吸入も開始
点滴の部分が痛いが腫れはないので、刺しなおしなく耐える・・・
もう扁桃あとは白いかさぶたができていると説明される

<2日目~3日目>
朝はやっぱり痛い
1日2回の点滴がつめたい・・・
あと消化器症状がしんどくて、起きると気持ち悪いしお腹が張るしお腹が下り
けっこうぐったり過ごす
喉は嚥下が痛いぐらい
ご飯はまだ3分・5分粥だが流動食よりすごくまし
卵豆腐・豆腐・茶碗蒸しを家族に持ってきてもらい、まじで卵豆腐神
牛乳・甘い系(ヨーグルト・ゼリー)は給食分で足りた
痛み止めの合間は少し微熱

<4日目~6日目退院>
抗生剤点滴が内服に変わり、少し消化器が復活・・・やっと院内売店までいける
4日目からすこし長く話してられることが分かった
声は普通
痛みのせいか、喉が渇く気がしてちびちび水を飲む
4日目に初シャワーですっきり
朝の痛みのせいで、早朝覚醒・・・入院中は夜は4~5時間程度しか寝れず
毎日昼寝をしてた…
バナナが案外恐怖
食事は全がゆ・・・5日目から常食にもどるらしかったが全がゆでいいと希望した
おかゆは味がなく、ゆかりが神でした
出血リスクに脅されエンシュアは結局1日1.5本飲んで、なんかもう味に慣れてきた…
晩期出血は1週間ぐらいが多く、今が大丈夫なら、もう通常の生活にもどっていいとのこと

<7日目~9日目>
1日家で休み、8日目から仕事復帰
お茶は頻回に飲むけど、普通に接客できる
ただしご飯は痛いのでまだエンシュアと茶碗蒸し・うどん
痛み止めは退院したのでロキソニンを3~4回
朝とご飯だけつらい
入院中から舌が舌苔で真っ白でやや舌の表面を触ると感覚の鈍さを感じていた
歯ブラシで磨いてみるが全くとれず…
術後で体調が悪いからかとおもっていたが
耐えきれず爪でごりごりやったら、まーとれるとれる!
さっぱり綺麗になってしまいそのまま再発なし
もっとはやく取れば良かった・・・
舌の感覚も戻った
口内炎・味覚障害も全くなく
若い耳鼻科Drだったが上手にしてくれて本当によかった

<10日目~15日目現在>
10日目から急に朝の痛みと嚥下の痛みがなくなり、普通のご飯が食べれるようになった!
フライもいける
ご飯が食べれるありがたみを実感・・・よかったーーー
辛い物・お酒もまだ控えてます
ロキソニンも徐々に減らして12日目にはロキソニンなしで過ごせる
今はほとんど違和感なく、あくびをしたらすこしのどが引っ張れる感じがする
せき・くしゃみも平気だが、鼻水をかむときは何か空気が抜けるような感じで少しかみにくい
風船は膨らむんだろうか・・・
今日再診で、扁摘あとのくぼみにかさぶたがのこっているが順調で
もう病院にはこなくていいよーと言われる

とっても順調に経過することができましたが、
問題はこれからの冬、熱がでないかどうかだけ・・・・
以上健忘録でした

さっきみた夢

ある夜ジョンは山の中で迷ってしまった
山の中には一軒の家があって背の高い太った男と若い娘が住んでいた
ジョンは頼み込んで一晩泊まらせてもらった
客間にジョンは通され寝ようとするが足音がして目が覚める
暗闇に光る刃物
ジョンは怯えて棚の中に隠れる
7回ほど切り刻まれる音がして疲れたジョンは棚の中で寝てしまった
朝ジョンが棚からでてくると部屋の中は全く荒れていない
ジョンは首を傾げた
疲れておかしな夢でも見ていたのか
ジョンは男に泊めてもらった礼を言いに行ったついでに怖い夢を見たと笑いながら話した
男はまきを割る手を一瞬とめ、豪快に笑い
「この辺に悪魔でもでる噂があったのかならば十字架でも持っていればいい」
と言った
さらにジョンは山の帰り道を教えてもらった

しばらくして
男の前に娘が現れた
「だめだよオヤジ、昨日はやりそびれてしまった」
がしゃーん と折れた長い長い刃物を7本投げた
「大丈夫だ、あの若者にはあの道を教えた夜にはちょうど視界の悪いくさむらにつくだろう」
男はニヤリと笑った
「早くおいしい肉が食べたいねえ」
娘もニヤリと笑った


日が落ちた
ジョンは山をさまよっていた
道に迷ってしまったのか…全く街につかない
そろそろ昨日襲われた夜になる

草を分ける足音
獣ではない
一直線でジョンに向かってくる
ジョンは走った
月が眩しい

ジョンは振り返って相手の顔を見た
あの家の娘じゃないか!いったいどうし



そう思った瞬間
あの長い長い刃物がジョンを切り裂いた
キレイな赤が周囲に飛び散った

ジョンは倒れた

娘はニヤリと笑い
ジョンの背中の服を引き破った


その背中にはいくつもの十字架のしるしが刻みつけられていた
月は眩しく、その十字架はさらに光り、娘は瞬く間に溶けてしまった


朝になった
冷たくなったジョンを男が拾いに来た

「苦労した肉ほど、うめぇんだよな、へへ」

男はまた山奥の家に帰って行った





………


少女は絵本を閉じた
「これちょっと絵本にしてはきつくない??」
そういいながら少女は隣の黒い絵本に手を伸ばした








という夢をさったみました

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

みあ

みあ

自宅サイト:絵など描いてます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。