ゆメめモ

夢のメモ、個人的メモ、落書きなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を見た


長めの夢

微妙に後味悪かったorz



-----



空も飛べて潜水もできる車でトレジャーハントをする一団がいた



メンバーは20人ほど



トップは小太りの男性で会社の社長でもあった

秘書役として中年の細身の女性がいた

ほかのメンバーはトレジャーハントに夢を描く若い男女



深海を散策していて一人が潜水をする

その一人が深海なのにすぐ上に空気があることに気付いた

その空気に顔をだすとそこには竹が生い茂る青白く今まで見たことのない草原があった



みんなに知らせ車でそちらに行くことにした



竹やぶのなかにまた湖があった



一団は美しいが竹しかなかった

「お宝は無さそうだな」ともうひとつの湖から深海に戻ろうとした



ところがその湖に入ると

また青白く見たことのない世界が広がっていた



誰かが気付いた

水のなかに青く美しい宝石のようなトンボがいることを

まるで水中であることを忘れてしまっているかのようにトンボはスイスイと泳ぐ…というより飛んでいた



なんて美しい

これは大発見だ

死骸でもいいから持って帰ろう



社長を含む数人を車に残し

若い男女と秘書は酸素ボンベを背負い潜水した



みなその不思議な空間に夢中だった

青いトンボは死骸すら美しかった

秘書は捕まえようとトンボに手を伸ばすが逆に手をチクりと噛まれ怖くなった

水面を見上げる

たくさんの竹の葉が青白くこちらを見ている

今まで見たことのない世界

最初は美しいと感じたが秘書は不気味だと感じた

イヤな予感がするような気がした



酸素ボンベがほとんど減らない内に秘書は車に戻り

準備が不十分だとかなんとか理由をつくり

社長に「一旦引き上げましょう」と提案した



秘書はなんだか怖かった

この世界に取り残されて地上に戻れなくなるのではないかと思った



社長は車の連絡ボタンでメンバーに集合を知らせた

捕獲用の箱を抱えたメンバーたちがトンボの美しさを語りながらニコニコと集まってくるなか

秘書は険しい顔でひたすらメンバーの人数を数え何度も何度も確認した



全員が揃った

たくさんの箱が増えて車内は狭くなった



秘書は緊張した面持ちで車が来た湖に車体をしずめるのを見守った



そこは最初に散策していた深海だった



秘書は安堵のため息をつく



メンバーは話が尽きない

全員の話を聞くと誰もトンボを捕まえることが出来なかったようだ



じゃあもう一度だけ捕まえに行こうとみんな熱っぽく言い出した

車内は熱く秘書の言葉は埋められた



車がもう一度あの青白い竹やぶの空間にやってきた



しかしあのトンボがいた湖があったところは

ただの草むらになっていた



みな驚いた

草むらに車を止めてみても水などどこにもない



社長が急に怒鳴った

「どうしてくれる?せっかくのチャンスを逃した」



秘書は身を縮めた

秘書はこうなると思っていた

だから早く引き上げようと思った

早く引き返さないと永遠にあのトンボの空間に置き去りになるのではないかと思っていた



秘書は自分の心配が理解されないことに怒りを感じた



秘書は鉈のような刃物を握りしめ

捕獲用の箱を草むらにぶちまけた

水溜まりができてたくさんの魚がビチビチと跳ねた



「じゃあこの魚の腹でも裂いて死骸でも探せば?」



なだめようとして手を近付けたメンバーを反射的に切りつけた

自分で切りつけたが血に驚いた



そして車から走りだし竹やぶに身を隠した



社長が怒っている声がする

秘書は必死で竹の影に隠れた

社長は銃がうまい

殺されるかも知れないと思った



切りつけたメンバーはどうなったんだろう



誰も車から出てきてまで秘書を追おうとしなかった



秘書はさらに竹やぶの奥へ向かった



「戻ってこないと置いていくぞ」



竹やぶの奥は急な上り坂になっていたが

たくさんの竹を支えに上った



湖の中でイヤな予感がすると思ったが…

まさか自分が原因だとは…と苦笑いをした



上りきるとコンクリートの溝と道路があった

驚いた

なんだここは?



そういえばこの竹やぶの空間自体も不思議なんだと改めて思った



また「戻ってこないと置いていくぞ」と怒鳴る声がした

戻ってどうなる?



殺されるかも知れない

でも戻らないとここで一人飢え死にするぐらいだ



コンクリートの道の先

人影が見えた

ドキリとした



車が動く音がした



秘書は鉈のような刃物を投げ捨て車とは反対の方向…人影の方へと走り出した



元々トレジャーハントのメンバーなんだ

冒険は嫌いじゃない

と秘書は思った







------



という夢(^p^)なんだこの後味の悪さ(

そして相変わらず夢に「自分」が出てこない(´ω`)なにこの物語



てか夢の中で車が救急車ぐらいの大きさだったんだが明らかに20人とか乗りきらんwwwさすが夢です(^ω^`)


続きを読む »

スポンサーサイト

帰り


コンビニ帰りに男に声かけられた/(^o^)\まじこえぇorzorz



なんか話しかけてきたからちょっと話してたが

「私女の子が好きなんです」

て言ったらすぐに諦めてくれたんだろうか((((


続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2009-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

みあ

みあ

自宅サイト:絵など描いてます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。