ゆメめモ

夢のメモ、個人的メモ、落書きなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母が倒れて母が死んだ話5


骨を見て父が言ったんだ

「骨の色が変なところは、生きているときに悪かったところって言われている

 お母さんの頭の色はおかしくなかった

 ずっと、救急車が運ぶのが遅かったからかとおもってたけど

 大丈夫だったんだな」





いやいやいやいやいや、それは、絶対、ないから!!!

絶対運ぶの早かったら結果違ったから!!!!



と言えるわけもなくーーーー()





49日も終わって

まるで何もなかったみたいだ







死因は闇に葬られた

探る手段は、いくつかあるけれど

それをしてどうしてもうないので

ぼくは疎まして

まだしていない



調べるなら、きっと早い内がいいだろう

時間をおくと情報は消えてゆくから





ぼくは死んだ人に興味はない



けれど時々悲しくなるんだ

死の境界線の人々を見ると怖くなるんだ





いつか時間が置けばこんな悲しみも消えるんだろうかって

それは正しいことなのか

それは間違ったことなのか



ぼくの母親はもう死んでいない



それだけ







それはぼくにとってはとっても衝撃的なできごとだったけれど

年を取ればだいたいの人が両親の死を看取るわけで

ある意味「当たり前」のこと



でも世の中で「当たり前」のことはぼくにとっては当たり前じゃないし

当たり前だからって受け入れられるわけじゃない





ぼくは普通にしているけれど

そもそも死よりも家族の存在を受け入れられていないのかも知れない



ぼくは実家をずっと腐ったおもちゃ箱のように感じる



幼いまま変わらないようで、いつの間にか汚れてる

だからふたを閉めておかないと







次は誰が死ぬんだろう

そのときはどうすればいいんだろう

できることなら面倒くさいことはごめんだ













ぼくは誰のためにも生きない

ぼくはぼくのためにしか生きない

生きることへの違和感が鳴り止まなくても

夜を寝ると朝が降りてくるんだ

おやすみとおはようの間の「また明日」



この空気はまたどこかを回っている



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mrrrr.blog.fc2.com/tb.php/131-c8e9b3e3

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

みあ

みあ

自宅サイト:絵など描いてます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。